非線形マルチスケール材料・構造モデリングプラットフォーム Digimat体験セミナー 大阪開催


自動車をはじめとした輸送機器を皮切りに、家電ならびにコンシューマ製品に至るまで省エネルギーを目的とした軽量化が求められています。

軽量化へのアプローチとして金属部品の樹脂代替が注目されています。樹脂材料の構造部品への利用には機械特性を金属に近いものにするために、繊維を使用して材料強度を向上させて、繊維強化樹脂とする手法が一般的です。

しかし、繊維強化樹脂の機械特性はその繊維配向状態に大きく依存します。マクロ的な視点では、繊維配向状態は製品成形時のプロセスに依存し、その剛性は繊維配向と負荷状態に依存します。ミクロ的な視点では、繊維の偏りによって生じる局部的な応力集中が強度・剛性に影響します。このような繊維配向の影響を考慮した正確な強度検証ならびに挙動予測には、シミュレーションの活用は必要不可欠です。

本セミナーでは以下のような複合材料シミュレーションをマルチスケール材料モデリングプラットフォームであるDigimatを使用して体験していただけます。また各セッションとも前半は使用するDigimatのモジュールならびに解析事例の紹介をさせていただきます。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。


【開催概要】

■ 開催日時/場所

2017年7月25日(火)大阪 弊社トレーニングルーム

2017年7月26日(水)大阪 弊社トレーニングルーム

※両日共10:00-16:00(9:30受付開始、12:30-13:30昼休憩)、同じ内容です。

※定員:8名

※午前、午後の2部構成ですがどちらか一方の参加も可能です。

■ プログラム

午前(10:00-12:30):複合材料の微視構造解析

・Digimat微視構造解析機能のご紹介

・Digimat-FEを使用した微視構造解析の操作体験

・解析事例のご紹介

午後(13:30-16:00):繊維配向依存性を考慮した構造解析

・Digimatのマルチスケール解析機能のご紹介

・Digimat-RPとMarcを使用した構造解析の操作体験

・解析事例のご紹介

■参加対象

以下のような構造解析エンジニアや、樹脂複合材料などを扱う材料エンジニアの方

・自動車業界、航空宇宙業界、電気電子業界など、製造業において、複合材料を利用した製品の設計・開発・評価の業務に携わる方

・材料メーカーや材料に関わる部署にて、新材料の設計開発や適用支援業務に携わる方

※初めてDigimatを操作される方もご参加いただけます。

多くの方にご参加いただきたい主旨から、お申込み要望多数の場合は、同一部署から複数名の参加を1名とさせていただく場合がございます。またDigimatを未導入の会社ならびに部門からの参加希望者を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。

※競合他社様のお申込みはご遠慮いただいております。

■参加費用:無料(事前登録制)

■参加申し込み

当ページのお申込みフォームよりお申し込みください。

後日、事務局より参加登録票をE-mailにてお送りいたします。

■お問い合わせ

  エムエスシーソフトウェア(株)マーケティング部

  TEL:03-6911-1318  E-mail:mscj.market@mscsoftware.com



■お申し込みフォーム